TOPICS

  • ベートーヴェンの交響曲とピアノ協奏曲は、第1番と第2番が古典派らしい優美さと明るさを持つ点で共通している。両作品ではこの作曲家の独創性はまだ表面化しておらず、第3番以降の作品よりも影が薄い。作風もアイディアも穏健で、激しい叫びも胸を潰すような重さもない。しかし、これらは旋律とリズムの力のみで勝負していた青春時代のたくましい表現力の結晶として、軽視することはで...

    [続きを読む](2021.03.03)
  • アバという究極にして絶好のプロトタイプがあるというのに、ガールズ&ボーイズ・ミックスのポップ・グループが少ないのは、逆に、何をやってもアバには勝てないし、模倣だと思われかねないからか? 彼らの地元スウェーデンでさえ、1990年代初めに一世を風靡したエイス・オブ・ベイスを輩出したのみで、唯一アバのDNAが細々と継承されているのが、英国のポップ界である。1980...

    [続きを読む](2021.02.25)
  • ニューヨークの大手保険会社に勤める平凡なサラリーマン、バド(ジャック・レモン)は上役たちの情事のために自分のアパートの部屋を貸している。昇進をエサにされ、断れないのである。そんなある日、部長(フレッド・マクマレイ)の不倫相手が、バドの意中の人、エレベーターガールのフラン(シャーリー・マクレーン)だと知ってショックを受ける。しかもその夜、フランは部長との不倫に...

    [続きを読む](2021.02.15)
  • 幼い頃、田舎の実家に行き、薄暗い廊下から2階へと続く狭い階段を見上げたとき、何か不思議なものを見るような感覚に襲われた。それはコンクリートのマンションに住んでいた私にとって、日本家屋の2階というものを意識した初めての体験だった。私は何とも言いようのない違和感を抱き、階段から目を背けた。その違和感は8歳くらいから好奇心に変わったが、それまで2階というのはちょっ...

    [続きを読む](2021.01.27)