タグ「天問」が付けられているもの

  •  『楚辞』は、前漢の学者劉向が楚の詩を十五編集め、それに自身の詩を加えたものである。その後、後漢の王逸が『楚辞』に注釈を付し、自身の詩を加えて『楚辞章句』を編纂した。現存している最古の『楚辞』は、『楚辞章句』である。 この詩集で最も大きな存在感を示しているのが、屈原である。懐王に仕える政治家であった屈原は、同輩の嫉妬と憎悪の対象となり讒言され、追放された。こ...

    [続きを読む](2018.12.22)
1