文化 CULTURE

広津柳浪 (2) 〜もたれる女たち〜

2021.09.15
「河内屋」

hirotsu ryuro j1
 広津柳浪は善悪をきれいに分けず、勧善懲悪を期待させない。「河内屋」にはその特徴がよく出ている。「河重」の異名を持つ重吉とお染は愛のない結婚をした夫婦である。お染は、かつて重吉の弟の清二郎と惚れ合っていた。その3人が同じ屋根の下に住んでいる。そこへ重吉の愛人お弓が住み着くようになる。お染と、お染を純粋に想い続ける清二郎は哀れな被害者だ。誰もがそう思う。
 しかし、この小説の中で真に同情すべきは重吉である。彼はお染の姉お久と結婚するはずだったが、お久が病死したため、親の意向で、妹のお染と結婚した。お染は病弱なことを理由に、重吉と同衾することを避けている。重吉は「その気になってくれないか」と言うが、お染は聞く耳を持たない。おまけに、重吉は穀潰しの清二郎の世話までしている。しかも、お弓は二枚目の清二郎に惚れていて、重吉の目を盗んで彼のことを誘惑する。重吉にとっては踏んだり蹴ったりの環境なのだ。

 「河内屋」では人物の姿勢も細かく描写されている。描写というよりは、動作の指定と言ったほうがいいかもしれない。読んでいると、まるで舞台を観ているかのような気分になる。

「河重は今日も昨日から酒に浸って、下谷同朋町の待合桜家の奥座敷に、夢とも知らず現とも知らず、眼ほどには体を据えかねて、枕を呼んで横になって居る。傍には此家の娘のお弓が、此も眼の縁に酔を帯び、少し膝を崩して、両手を背後に支(つ)いて反身の体を寄せ掛け、小楊枝を噛砕きながら、眼を斜めにして河重の顔を見て居る」
(「河内屋」)

 柳浪作品では、「寄せる」、「もたれる」、「すがる」、もしくは、それに類する表現が効果的に用いられている。例えば「今戸心中」では、愛する平田に去られた吉里が箪笥にもたれる描写が繰り返される。その直後、彼女は好きでもない善吉を情人にする。何かにもたれるのは、いわば誰かしら相手を求めていることのサインである。お弓も吉里も一人でいられず、男のそばに身を置く。そこから事件が起こるのだ。

「雨」

 先に、柳浪の全盛期は明治29年前後と書いたが、創作活動のピークをすぎた頃、明治35年に書かれた「雨」も傑作である。タイトル通り、雨が延々と降っている。おそらく日本文学史上、最も暗くて惨めで忌まわしい雨の描写ではないだろうか。読んでいるだけで、湿気に覆われたような心地になる。私はこれを読んだことで柳浪に惹かれた。
 若い夫婦、吉松とお八重は貧民窟の長屋に住んでいる。大工の吉松は、止まない雨のために仕事にありつけない。そこへ典型的な毒親というべきお八重の母親、お重が無心にやってくる。お八重はかつてこの母親のエゴの犠牲となり、体を売らされていたことがある。邪悪な鬼婆のしつこさに困り果てた吉松は、恩のある親方から預かっていた仕立物を質に入れ、お金を工面する。こうして親方への体面を失った吉松は、お八重と手を取り合い、行方をくらます。

 松原岩五郎の『最暗黒の東京』を地で行くような舞台である。意表をつくような結末はない。悲惨小説らしい凝ったプロットもなく、予定調和の中、戯曲のように会話を重ねて物語が進む。行方をくらます夜にようやく雨が上がる皮肉さもありふれている。登場人物の役割がもつれるような混沌としたところもない。ここにあるのは劇的な悲惨さではなく、リアルな悲惨さだ。その点では、自然主義の作風に近い。ただ、自然主義文学とは比較にならないほどの情緒がある。夫婦の会話からにじみでる情感の豊かさは、他の作品を遥かにしのぐ。永井荷風が崇拝し、弟子入りを志願したのも分かる。

 近年は柳浪のことを再評価する人も増えてきたようだが、一昔前はほとんど話題になることがなかった。「神経病時代」などで知られる広津和郎の父親と認識されているくらいで、論文も少なかった。50歳になってから67歳で亡くなるまで文壇を離れていたことも影響しているのかもしれない。全集も、私が知る限り、出ていない。もっと注目され、評価されるべき作家だと思う。
(阿部十三)


【関連サイト】

月別インデックス