音楽 POP/ROCK
  • ハンガリーのピアニスト兼作曲家シェレシュ・レジェーは、ブダペストのレストランでピアノを弾いていた時代にこの曲を書き上げた。1933年のことである。作詞のヤヴォール・ラズロはレストランのオーナーで、レジェーの鬱々として美しいメロディーに厭世的な歌詞をのせた。題名は「悲しい日曜日」。録音されたのは1935年。パール・カルマールが歌ったレコードが発売されると、ハン...

    [続きを読む](2015.11.15)