映画 MOVIE
  • 2012年の11月下旬から12月にかけて東京と大阪で行われ、2013年の頭には京都と名古屋でも開催される〈ポーランド映画祭2012〉。1950〜60年代の作品が大半のプログラムで、ぼくが体験した東京では何回も立ち見が出るほど連日大盛況だったが、その監修者がイエジー・スコリモフスキである。1938年生まれのスコリモフスキは、1960年代に映画界デビュー。『アベ...

    [続きを読む](2012.12.25)
  • 小栗康平監督の映画は、その完成度の高さで世界的な評価を得ている。これまで発表されたのはわずか5作にすぎないが、いずれも映像というものが持つ不思議な力を感じさせる傑作ばかりだ。とくに『泥の河』と『死の棘』は、今なお映画ファンが熱くなる題材であり続けている。経年感を寸毫も感じさせない。その映像には常に変わらず、静かな磁力、強い磁力がゆらめいている。『泥の河』(1...

    [続きを読む](2012.12.12)