映画 MOVIE
  • 『アイズ ワイド シャット』は当時結婚していたトム・クルーズ、ニコール・キッドマンを起用したR-18指定作品で、キューブリックの遺作である。舞台は宇宙、無人ホテル、戦場といった極限的なものではなく、日常の世界だ。その日常の死角にある陥穽にはまり、一人の男が悪夢を体験する。主人公ビル(トム・クルーズ)は腕利きの医者で、美しい妻アリス(ニコール・キッドマン)、可...

    [続きを読む](2014.01.16)
  • スタンリー・キューブリックの映画は、時代の制約を超えたところに存在している。どんな巨匠が撮った傑作でも、それが作られた時代のモラルや技術等の制約と無縁ではあり得ない。「昔の作品だから、こういう表現にならざるを得なかったのだろう」とか「今ほど技術が発達していなかったから、ここまでが限界だったのだろう」といった感想を抱かせるものが大半である。しかし、『時計じかけ...

    [続きを読む](2014.01.14)