映画 MOVIE
  • 『サムライ』はアラン・ドロンとの初顔合わせ作品で、メルヴィルの最高傑作と評されることもある。主人公は、鳥と心を通わせる無口な殺し屋ジェフ・コステロ。ドロンにうってつけの役だ。この『サムライ』以降、ドロンは単なる二枚目俳優の枠を越えて、渋味のある名優の仲間入りをしたといえる。これはスーパーマン的な殺し屋の話ではない。ジェフ・コステロの行く手には最初から困難が待...

    [続きを読む](2013.09.24)
  • 長編2作目の『恐るべき子供たち』が公開された後、ジャン=ピエール・メルヴィルは映画界から足を洗う決心をした。1950年のことである。当時、メルヴィルは疲れ切り、力尽きていた。そんな彼を再び映画に向かわせたのは、ジャック・ベッケルだった。「……そんな次第で〈シネアック=テルヌ〉のそばのビストロにいて、まさに出ようという時、店の奥からジャック・ベッケルがダニエル...

    [続きを読む](2013.09.21)