音楽 CLASSIC
  • 1793年から1794年の頭にかけて作曲された「軍隊」は、「驚愕」と共に、数多あるハイドンの交響曲の入り口に控えている曲である。多くの人は、これらの作品からハイドンの音楽の森の中に足を踏み入れていく。ちなみに、「軍隊」という呼称はザロモン・コンサートでの初演時から使われているもので、第2楽章に登場するトランペットの軍隊信号に由来している。構成、旋律発想、管弦...

    [続きを読む](2013.06.25)
  • ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番は1947年夏から1948年3月24日の間に作曲された。この時期(1948年以降)、彼はいわゆる「ジダーノフ批判」にさらされていて、作品が演奏禁止になったり、教職を解かれたり、自己批判を強要されたりしていた。「ジダーノフ批判」というのは、アンドレイ・ジダーノフ主導による言論弾圧のことである。圧力は文学や映画の分野だ...

    [続きを読む](2013.06.10)