音楽 CLASSIC
  • マックス・ブルッフは作品の知名度が高いわりにプロフィールがあまり知られていない人である。そのヴァイオリン協奏曲第1番は名曲中の名曲で、初演時から今日まで多くの人に愛されてきた作品だし、「コル・ニドライ」も「スコットランド幻想曲」も有名だ。にもかかわらず、ブルッフに関するまとまった資料は驚くほど少ない。この事実は、音楽以外の情報を抜きにして、純粋に音楽のみが親...

    [続きを読む](2015.06.24)
  • 戦後に始まったバロック音楽ブームの火付け役といえばカール・ミュンヒンガーだが、その彼が創設したシュトゥットガルト室内管弦楽団でコンサートマスターを務めていたのがラインホルト・バルヒェットである。一部のクラシック愛好家にとっては、一部のクラシック愛好家にとっては、名前を聞くだけで胸が熱くなるような存在だ。ラインホルト・バルヒェットは1920年8月3日、ドイツの...

    [続きを読む](2015.06.04)