音楽 CLASSIC

シューマン 『謝肉祭』

2016.04.08
仮面をつけた音符たち

schumann carnaval j1
 ロベルト・シューマンの『謝肉祭』は1834年9月頃から1835年の間に作曲されたピアノ小品集で、作品番号は9。副題は「4つの音符による愛らしい情景」である。4つの音符とは、恋人エルネスティーネ・フォン・フリッケンの故郷アッシュの綴り「ASCH」を音名表記した「A、Es、C、H」。シューマンはこれらの文字が自分の名前の綴りに含まれていること(「SCHumAnn」すなわち「Es、C、H、A」)を自覚しながら作曲していた。

 「ASCH」は「As、C、H」という風に置き換えることも可能であり、掉尾を飾る第21曲「フィリシテ人と戦うダヴィッド同盟の行進」では、この音型が強調される。フィリシテ人は旧約聖書に登場するペリシテ人のこと。「ダヴィッド同盟」はシューマンの空想上の団体で、新しい芸術のために戦う人たちである。ペリシテの巨人ゴリアテと戦うダヴィデを連想させるこの標題は、新しい芸術の到来を拒む保守主義的堅物たちと戦う気概を示している。

 『謝肉祭』はエルネスティーネ・フォン・フリッケンへの恋愛感情から生まれたもので、第13曲「エストレラ」はエルネスティーネのことを表現した小品だが、彼女以外にも多くの人物(空想上の人物含め)が登場する。例えば、第11曲「キアリーナ」は後のシューマン夫人クララ・ヴィークのことを示しているし、第12曲は「ショパン」、第16曲の「ドイツ風ワルツ」の間奏曲は「パガニーニ」(第17曲として数えられることが多い)である。第5曲「オイゼビウス」と第6曲「フロレスタン」は、「ダヴィッド同盟」の中心人物。第2曲「ピエロ」や第3曲「アルルカン」、第15曲「パンタロンとコロンビーヌ」はイタリアの仮面即興劇の登場人物だ。

 こういった顔ぶれをみて、夢見がちな芸術家が書いた奇妙な作品と思う人もいるかもしれない。シューマン自身、音楽の情緒が急速に変化するため、聴衆はついて来られないかもしれないと考えていた。ただし、テーマは「謝肉祭」である。新たな芸術の誕生を祝すかのごとく、謝肉祭の仮面劇や仮装行列が展開されるというわけだ。

schumann carnaval j2
 「仮面」というと秘密めいた感じだが、エルネスティーネに対する感情は別に隠されているわけではない。むしろ、隠そうともしていないと言うべきか。「A、Es、C、H」「Es、C、H、A」「As、C、H」の音型が鍵となっていることは、通常演奏されない「スフィンクス」(第8曲と第9曲の間に配置)できちんと明示されているのだ。

 第1曲「前口上」の結尾が、第20曲「休息」で再現され、第21曲「フィリシテ人と戦うダヴィッド同盟の行進」へとつながる構成は実に鮮やか。にもかかわらず、全体的に渾然とした雰囲気があるのは、シューマンの文学的好みや夢想を磁場としているためだろう。標題が独創的で、登場するキャラクターが多く、性格も各々異なるので、絶対音楽として比較的まとまっていても、それだけでは整理のつかない情緒的なものを持て余すのである。

 どの小品もすぐ耳になじむメロディーで編まれているが、「ショパン」の甘い美しさはとくに魅力的だ。映画なんかでここだけ演奏されることもある。私が中学生のとき初めて聴いて以来、ずっと頭から離れず、ことあるごとに記憶によみがえってくるのは、第7曲「コケット」と第8曲「応答」。自分でもよく分からない相性のようなレベルで、この2曲に執着している。「コケット」と「応答」の演奏がつまらなかったり、くどかったりすると、もう聴く気が起こらない。もっとも、この2曲の演奏が酷いというのは、よほどのことである。多くの『謝肉祭』の録音では、そういうことは起こらない。

 群を抜いて有名なのは、アルフレッド・コルトーによる1928年の録音(「スフィンクス」も収録)と、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリによる1957年の録音だろうか。ゲザ・アンダもこの作品を得意とし、何度も演奏していた。ただ、『謝肉祭』は個人の主観的な想像世界を映し出す鏡のようなものなので、世評の高い名盤を聴いて「何か違う」と感じたとしても、それで作品に背を向けないでほしいと思う。自分にフィットする録音は必ずどこかにあるはずだ。

 私はコルトー、ミケランジェリの演奏を通じて『謝肉祭』の世界にふれた人間だが、ヴラディーミル・ソフロニツキーが1959年11月に演奏したときのライヴ録音を聴き、衝撃を受けたことがきっかけとなり、「自分のための演奏」を探すようになった。ソフロニツキーのライヴは素晴らしい。曲によって、作曲者と演奏者のインスピレーションが火花を散らして交錯するような激しさがあり、両者が理想のバランスで融和するような夢幻的な美しさもある。

schumann carnaval j3
 その後、ちょっとしたフレーズの処理にもセンスを感じさせるサンソン・フランソワによる1956年の録音(「スフィンクス」も収録)、詩的な美音の織物とでも言うべきユーリ・エゴロフの1981年の録音に惹かれた。決定的だったのは、フランスが生んだ偉大なシューマン弾き、カトリーヌ・コラールが遺した1989年の録音だ。気取りや気負いとは隔絶した風格、派手さはないが溢れる詩情を伝えるタッチが素晴らしい名演奏である。これは私の中で理想に近い『謝肉祭』であり、タイプの異なる天才ソフロニツキーの録音と双璧をなしている。


【関連サイト】
Robert Schumann 「Carnaval」
ロベルト・シューマン
[1810.6.8-1856.7.29]
『謝肉祭』 作品9

【お薦めの録音】(掲載ジャケット:上から)
アルフレッド・コルトー(p)
録音:1928年

ヴラディーミル・ソフロニツキー(p)
録音:1959年11月18日(ライヴ)

カトリーヌ・コラール(p)
録音:1989年

月別インデックス