音楽 CLASSIC

楽の森

不滅の作曲家・作品

一度聴いただけなのに忘れられない音楽。なんとなく繰り返し聴いている音楽。
それらはどのようにしてこの世に生まれたのだろう。
ここでは作曲家/作品に焦点を当てながら、作曲経緯やエピソードを紹介、
森のように深いクラシックの世界に踏み込みたい。
文●阿部十三

  • ギター協奏曲の中で最も有名な作品は、ロドリーゴのアランフェス協奏曲だろう。単に有名であるだけでなく、人気も高く、コンサートでも頻繁に取り上げられている。それでは、次に有名なギター協奏曲は何か。そうきかれたら多くの人が答えに詰まるに違いない。例えば20世紀に書かれたカステルヌオーヴォ=テデスコ、ポンセ、ヴィラ=ロボスの作品。これらはいずれも個性と品格を備えてい...

    [続きを読む](2012.03.25)
  • 『コジ・ファン・トゥッテ』の作曲者には元々サリエリが予定されていた。しかし、サリエリが降りたため、モーツァルトに依頼が回ってきた。モーツァルトの書簡や妻コンスタンツェの証言によると、サリエリがモーツァルトに対して敵意と嫉妬を抱きはじめたのは、このオペラの初演(1790年1月26日)が成功を収めた時からだという。ひと言でいえば不道徳なオペラである。同時に、

    [続きを読む](2012.03.13)