音楽 CLASSIC

楽の森

不滅の作曲家・作品

一度聴いただけなのに忘れられない音楽。なんとなく繰り返し聴いている音楽。
それらはどのようにしてこの世に生まれたのだろう。
ここでは作曲家/作品に焦点を当てながら、作曲経緯やエピソードを紹介、
森のように深いクラシックの世界に踏み込みたい。
文●阿部十三

  • 名指揮者と呼ばれる人で「ザ・グレイト」を録音(ライヴ録音も含む)していない人は、ほとんどいない。裏を返せば、それだけ指揮者にとって自分の個性、技術、工夫を投影しやすい作品なのだろう。私の手元にも50種近くのCDがあり、我ながらよくここまで集めたものだと呆れている。中でも愛聴しているのは、以下の5種である。ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、ベルリン・フィル...

    [続きを読む](2012.02.23)
  • シューベルトは31歳で亡くなったが、その早すぎた晩年には人が何年生きても書けないような神韻縹渺たる傑作をいくつも完成させていた。具体例を挙げると、歌曲集「冬の旅」、弦楽五重奏曲、ピアノ・ソナタ第21番、ミサ曲第6番、ピアノとヴァイオリンのための幻想曲、交響曲第9番「ザ・グレイト」などがそれにあたる。途方もない音楽的深度を獲得したこれらの作品は、

    [続きを読む](2012.02.22)
  • バッハはヴァイオリン協奏曲を少なくとも6作品は書いていたといわれているが、現在伝えられているのは3作品のみである。独奏ヴァイオリンのための2作と、2つのヴァイオリンのための1作だ。これらは1717年から1723年のケーテン時代に書かれたとみられている。このうち2つのヴァイオリンのための協奏曲の作曲年は、ほかの2作より早く、1718年頃と推定されている。今なお...

    [続きを読む](2012.02.08)