音楽 CLASSIC

モーツァルト ピアノ協奏曲第23番

2021.05.01
美しい調和の音楽

mozart23 j1
 モーツァルトのピアノ協奏曲第23番は美しい調和の音楽である。耳を傾けていると、世界の調和、感情の調和のなかにいるような心地を覚える。アンドレ・ジイドが日記に書いた「モーツァルトのよろこびは清らかに澄み渡っている。音楽のフレーズは、物静かな想いのようだ。その単純さは純粋さにほかならない」という言葉がそのまま当てはまる作品だ。明るいけど陽気すぎず、優しい吐息に包まれたような雰囲気がある。

 作曲を終えたのは、1786年3月2日。初演は同年同月に行われたとみられている。編成をみるとトランペットとティンパニが無く、オーボエも無い。その代わりクラリネットが加わり、アンサンブルにやさしい温もりを与えている。ちなみに、モーツァルトのピアノ協奏曲でクラリネットが活躍するのは前作の第22番から第24番までである。
 閃きというよりは入念という表現を使いたくなるほどピアノ・パートもカデンツァもしっかりと作り込まれている。なので、即興が入り込む余地はなく、旋律や和声にも隙や綻びが見られない。その形式は完璧に計算されたものであり、数学的な均衡を保ち、それでいて窮屈さを感じさせない。

 第1楽章はアレグロ、イ長調。ソナタ形式。第1主題と第2主題は優美で柔らかみがあり、展開部の始まりを告げる主題も落ち着いた美しさを持っている。春の優しい日射しのような趣だが、その澄んだ光の中に一人でいるような孤独感もたたえている。
 第2楽章はアダージョ、嬰ヘ短調。3部形式。イ長調の平行調の嬰ヘ短調で、哀愁に溢れた主題が流れる。切々とした響きだが、中間部で仄かに明るい主題が現れて雰囲気が変わり、また冒頭の主題が繰り返される。ピッツィカートの伴奏でピアノが奏でる素朴な旋律が美しい。
 第3楽章はアレグロ・アッサイ、イ長調。ロンド形式。軽快に跳ねるようなロンド主題がまず耳に飛び込んでくるが、その後もさまざまな主題が現れ、多彩な楽想で魅了する。嬰ヘ短調の走句が劇的に反復された後、クラリネットがニ長調で主題を奏でるところは、新しい風が吹いてくるようで非常に印象的だ。

 モーツァルトの作品の中でも、第23番は特に形式的にきちっとしている。天衣無縫の筆運びというよりは、細部まで設計した上で、豊かな楽想を、無理なく、きれいにまとめている。完成までには時間を要したのではないだろうか(1784年3月頃に着手したのではないかという説がある)。
 ちなみに、第23番を書き終えたすぐ後、1786年3月24日に完成させたのが第24番である。第23番はイ長調という調性にふさわしく純粋で明るいが、第24番の方はハ短調で書かれていて、悲壮感や緊張感といったものが多分に含まれている。もしかするとモーツァルトは第23番で書けなかったことを、反動的に第24番に注ぎ込んでいたのかもしれない。

mozart23 j2
 私はクララ・ハスキルの演奏(1954年録音)でこの曲を初めて聴き、その淀みのない語り口と虚飾のない無垢な美しさに惹かれた。うまく聴かせようという意識もなく、音楽の中に入り込んで弾いている印象がある。その次に聴いたのはマウリツィオ・ポリーニによる演奏(1976年録音)。真面目できちっとした表情を持つモーツァルトだが、この作品には向いている。ピアノの音はうっとりするほど綺麗だ。カール・ベーム指揮、ウィーン・フィルによる伴奏も素晴らしい。弦楽器のフレージングのしなやかさ、木管の響きの軽やかさに魅せられ、時の経つのも忘れてしまう。


【関連サイト】
Mozart Piano Concerto No.23(CD)
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
[1756.1.27-1791.12.5]
ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488

【お薦めディスク】(掲載ジャケット:上から)
マウリツィオ・ポリーニ(p)
カール・ベーム指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1976年4月

クララ・ハスキル(p)
パウル・ザッヒャー指揮
ウィーン交響楽団
録音:1954年10月

月別インデックス