音楽 POP/ROCK

名盤再考

Reconsidering Masterpiece

無数のアーティストがデビューし、無数の作品がリリースされ、
新しい情報が堆積してゆく中、ともすると過去の名作は埋もれてしまいがち。
CMやドラマで頻繁に使用されれば、その時だけはマスコミも思い出したように取り上げる。
一方、そうでないものには永久にスポットライトが当たらない。
それも世の常人の常なのだろうが、“古典と呼ぶにはあまりに新鮮で魅力的な作品なのに”と
ヤキモキしている人は絶対にいるはず。そんな人の気持ちに応えるべく、
今日性と一見無縁そうだが、今なお私達の心に多くのことを訴えかけるディスクを選定し、
力をこめて紹介する。

  • 享年75歳。この75という数字を見てちょっとびっくりした。なぜって、2019年9月15日に亡くなったリック・オケイセック率いるザ・カーズは80年代アメリカのニューウェイヴ・シーンの旗手だというのに、彼はスティーヴン・タイラーやアリス・クーパーより年上で、ミック・ジャガーやレイ・デイヴィスと同世代。デビュー・アルバムにあたる本作『錯乱のドライヴ/カーズ登場(原...

    [続きを読む](2019.10.19)
  • 2019年8月から9月にかけて、どういうわけかチェリー家の人々が相次いで日本にやってきた。まずはネナ・チェリーが、夫でプロデューサーのキャメロン・マクヴェイを伴ってサマーソニック・フェスティバルなどで公演。続いて、先頃デビュー・アルバムを発表したネナとキャメロンの次女メイベルがプロモーション来日し、9月半ばにはメイベルの叔父でネナの

    [続きを読む](2019.09.18)
  • 飲酒癖を見かねた周囲の人たちからリハビリを勧められた時、エイミー・ワインハウスが「ノー、ノー、ノー」と拒まずに大人しく施設に入って、酒断ちに成功していたら、どうなっていたのだろう。よりによって急性アルコール中毒で命を落とすことなく、今も元気に活動をしていたのだろうか。少なくとも「リハブ」という名曲は生まれていなかったし、この傑作アルバム『バック・トゥ・ブラッ...

    [続きを読む](2019.08.19)
  • 80年以上の歴史を誇る、ロンドンのBBCメイダ・ヴェイル・スタジオと言えば、BBC交響楽団の拠点であり、BBCラジオの伝説的セッションの数々が録音された英国の文化的ランドマークだ。1958年から40年にわたってその一角にラボを構えていたのが、BBCレディオフォニック・ワークショップ。日々奇妙な実験を重ねて、BBCのラジオとテレビの番組で使われる特殊効果音やテ...

    [続きを読む](2019.07.25)
  • “Follow the yellow brick road!”――映画『オズの魔法使』(1939年公開)の中でジュディ・ガーランド演じるドロシーは、そう叫ぶマンチキンたちに急き立てられて、オズの都エメラルド・シティへと続く黄色いレンガ路を進む。魔法使いの力を借りて家に帰るために。でもやっと辿り着いてみると、実は魔法使いに特別なパワーはなく、

    [続きを読む](2019.06.24)

月別インデックス