音楽 POP/ROCK

名盤再考

Reconsidering Masterpiece

無数のアーティストがデビューし、無数の作品がリリースされ、
新しい情報が堆積してゆく中、ともすると過去の名作は埋もれてしまいがち。
CMやドラマで頻繁に使用されれば、その時だけはマスコミも思い出したように取り上げる。
一方、そうでないものには永久にスポットライトが当たらない。
それも世の常人の常なのだろうが、“古典と呼ぶにはあまりに新鮮で魅力的な作品なのに”と
ヤキモキしている人は絶対にいるはず。そんな人の気持ちに応えるべく、
今日性と一見無縁そうだが、今なお私達の心に多くのことを訴えかけるディスクを選定し、
力をこめて紹介する。

  • 今も現役のパンクのゴッドファーザーであるイギー・ポップが20代前半にやっていたバンドがザ・ストゥージズだ。2003年には再結成し、来日公演でもノスタルジーで終わらぬライヴをかまして新旧のファンの血を沸騰させた。1968年4月にライヴ・デビューしたザ・ストゥージズは、MC5と共に米国デトロイト・ロックの象徴であり、パンクのルーツ・バンドでもある。1969年のフ...

    [続きを読む](2012.04.19)
  • グランジ・ソウルーー? 水と油、とまで言わなくとも、並んでいると奇異に感じられるふたつの言葉が、なんの矛盾もなく同居しているバンド。約10年ぶりに再結成して話題を集めているアフガン・ウィッグスは、そういう異色の存在だ。ご存知、サウンドガーデンやマッドハニーやニルヴァーナらをシアトルから世界に送り出したグランジ発信源=SUB POPレーベルが、

    [続きを読む](2012.04.01)