音楽 POP/ROCK

名盤再考

Reconsidering Masterpiece

無数のアーティストがデビューし、無数の作品がリリースされ、
新しい情報が堆積してゆく中、ともすると過去の名作は埋もれてしまいがち。
CMやドラマで頻繁に使用されれば、その時だけはマスコミも思い出したように取り上げる。
一方、そうでないものには永久にスポットライトが当たらない。
それも世の常人の常なのだろうが、“古典と呼ぶにはあまりに新鮮で魅力的な作品なのに”と
ヤキモキしている人は絶対にいるはず。そんな人の気持ちに応えるべく、
今日性と一見無縁そうだが、今なお私達の心に多くのことを訴えかけるディスクを選定し、
力をこめて紹介する。

  • フランスのフェニックスやスウェーデンのザ・ナイフといった面々の活躍で、近年のオルタナティヴ・ロック界は随分コスモポリタンな場所になった。とはいえ、彼らはフランス語やスウェーデン語で歌っているわけじゃない。歌詞はもちろん英語。英語以外の言語で歌うアーティストが世界的に広く受け入れられることなど、あの「恋のマカレナ」のようにシングル曲単位で一過的ヒットを博すケー...

    [続きを読む](2013.09.28)
  • 12枚目にあたる傑作ニュー・アルバム『エレクトリック』を携えて、2013年のサマーソニック・フェスティバルに出演したペット・ショップ・ボーイズ。ニール・テナント&クリス・ロウのコンビは、ロンドン五輪閉会式の演出を手掛けたエス・デヴリンを今回のツアーのクリエイティヴ・ディレクターに起用し、相変わらず斬新でウィット溢れるスペクタクルを見せつけてくれたのだが、名曲...

    [続きを読む](2013.09.03)